歯周予防をしよう

歯周予防の仕方に関して

歯科医院での歯周ポケット測定

歯周病予防には歯周ポケット測定が欠かせません。歯科医院で実際に測定してもらったことがある方も多いのではないでしょうか。歯周ポケットというのは歯とハグキの間の溝のことです。歯科医院では、この溝がどのくらい深くなっているかをチェックすることができます。1~2ミリならば健康。3~5ミリなら、中程度の歯周炎。6ミリ以上なら歯周病が進行している状態です。自分で深さをチェックすることはできません。鏡で見たとしても、ハグキに隠れて直接見えないからです。また、ポケットの深さは一定ではないので、歯を一周図らなければなりません。定期的にチェックしてハグキの状態を知るようにしましょう。

歯周病の定期検診をしよう

歯周病は、悪化をすると歯が抜け落ちてしまう大変に恐ろしい病気ですが、事前に対策を行うことが歯科の定期検診で行えます。この定期検診では、医師が診てくれるだけではなく確実に歯垢や歯石を除去できるスケーリングを行ってもらうのが効果的です。定期検診では、歯周病の状態を知るために歯科衛生士による歯周ポケット測定が行われます。歯周ポケットがどの程度であるか一本ずつ測定することによって、進行しているかどうかを確認できます。毎日のブラッシングとともに、とても大切なのが定期的なメンテナンスと歯周ポケット測定です。

↑PAGE TOP